永久脱毛コラム

永久脱毛の副作用とは?

クリニックで施術を受けられる永久脱毛では、熱の力を利用してムダ毛を作り出す組織にダメージを与えます。そのため、熱が集中した毛根周りの皮膚に、一時的に副作用が発生する可能性があります。皮膚や肌が弱い人に起きやすく、熱によって軽い炎症を起こと、肌に赤みが出てしまう場合があります。一般的に数時間から数日で症状が治まりますが、赤みが出た時は冷やすと早く治ります。プツプツと小さく白い、膿んだ毛膿炎(ニキビ)のようなものができる人もいます。この症状も炎症の一種ですが、ニキビが出来やすい体質の人は注意が必要です。レーザーの熱に肌に過剰反応すると、軽い火傷になることもあります。敏感肌やアトピー肌の人は、レーザー照射を行う前に、肌を保護するジェルを塗るなどの対策を行っておくと、副作用が出にくくなります。

永久脱毛で考えられるトラブルは?

永久脱毛のサービスの仕組みについて知りたいことがあれば、打ち漏れや火傷などのリスクに備えることが肝心です。
最近では、再照射やテスト照射などの取り組みに関して、多方面の媒体で取り上げられることがあるとされ、短期間のうちに保証制度がきちんとしているクリニックに相談を持ち掛けることが有効です。
そして、まずは少なくなっている副作用を防ぐためのアフターケアの内容を調べることはもちろん、永久脱毛のサポートがしっかりとしているクリニックの特徴を知ることが望ましいといえます。

永久脱毛の副作用で汗の量が増える!?

永久脱毛の口コミなどでは、良く汗をかきやすくなったという内容を見かけますが、それは誤りです。実際にはそのようなことは起こりませんので心配は無用なのです。副作用でのワキ汗やワキガに関しては、勘違いの情報が多く出ていますが、その原因として、脱毛で毛がなくなると、汗が流れやすくなるので、多くなったと感じることが多いのです。その分、清潔に保てるように、ふく習慣を身につけるといい状態を保て、臭いも出にくくなります。

永久脱毛後のアフターケアは?

永久脱毛後には、きちんとアフターケアを行うことで副作用を無くしたり、肌の状態を最適に保つことができます。まず脱毛後に行いたいことは、施術部位を冷やすようにすることです。当日、施術を終えてからお風呂に入ったり、サウナを利用するなどして体を温めてしまうと、施術後に敏感な状態となっている肌が炎症を起こしやすくなってしまいます。そのため、施術後は体を温めないよう注意が必要です。また、日焼けをしないように気を付けることも大切です。脱毛に通っている間に日焼けをしてしまうと、レーザーが黒い色素に反応して肌にまで作用してしまう可能性があります。そのため、脱毛中は日焼けをしないように注意し、普段は日焼け止めを使用するなどの対策を立てましょう。

石川の永久脱毛口コミ